しじみについて知りたい!

しじみとターンオーバー

しじみといえば肝機能アップ効果が注目されがちですが、実は肌の新陳代謝であるターンオーバーにも関係しているのです。しかも、肝機能アップ効果があるとされるアミノ酸・オルニチンなどが、ターンオーバーを促してくれる可能性があるのです。しじみとターンオーバーとの関係について、説明していきましょう。

ターンオーバーには成長ホルモンが関係している

肌のターンオーバーがしっかりと行われるようになるためには、成長ホルモンが十分に効果を発揮してくれる必要があります。成長ホルモンの働きが不十分であれば、ターンオーバーがうまく行われず、肌の状態が悪化する原因となってしまいます。睡眠不足が肌に悪いといわれているのは、眠っているときに成長ホルモンの分泌量が増えることが関係しています。睡眠不足によって成長ホルモンの分泌量が減り、ターンオーバーがうまく行われなくなり、肌の状態の悪化につながるのです。

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促す

しじみに含まれているオルニチンには、この成長ホルモンの分泌量を増やしてくれる働きがあるとされているのです。オルニチンの働きによって成長ホルモンの量が増えれば、ターンオーバーが促され、肌の状態が新鮮に保たれてつややかになる可能性があります。また、皮膚内のメラニン色素の排出を促すことにもなりますので、シミ防止につながってくれる可能性があります。

アルギニンと亜鉛もターンオーバーには必要

しじみに含まれている成分のうち、ターンオーバー活性化に関係があるものはオルニチンだけではありません。オルニチンと同様にアミノ酸の一種であるアルギニンにも、成長ホルモンの分泌量を増やし、ターンオーバーを促してくれる働きがあるのです。しじみには100グラム当たり320ミリグラムものアルギニンが含まれていますので、ターンオーバー促進効果が期待できます。また、亜鉛も成長ホルモンの分泌量増加には欠かせません。医療関係者によると、亜鉛は背を伸ばすために摂取が必要だとしていますが、これは成長ホルモンの分泌が促されるためです。すでに身長の伸びが止まってしまった大人の場合は、成長ホルモンの分泌量増加がターンオーバーの促進などにつながってくれる可能性があるのです。

まとめ-しじみは成長ホルモン増加も期待できる

しじみにはオルニチン、アルギニン、亜鉛という成長ホルモン増加が期待できる成分が含まれており、相乗効果が出る可能性もあります。ターンオーバーを促して美肌になりたい人にとっても、欠かせない食べ物だと言うことができそうですね。

参考
しじみに含まれるオルニチンとは
http://www.santacruzvalley.com/amado_arizona.htm
しじみとターンオーバー①
http://www.peaceriverregional.com/turnover.html
しじみとターンオーバー②
https://www.grandparentsmagazine.net/kiji46.html
美肌対応もできるオルニチン
http://home.jointventure.jp/bihadataisaku.html