しじみについて知りたい!

しじみの摂取制限がある場合とは

しじみは肝機能アップ効果があるとされるアミノ酸・オルニチンが含まれていますが、摂取制限がかかるケースもあります。それは、肝炎などによって肝機能に障害が出ているケースです。肝機能アップ効果が期待できるのに、なぜ肝機能障害があるときには、しじみの摂取量制限が必要なのでしょうか。

肝機能障害があると鉄が過剰になる

C型肝炎やNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)のように肝臓に何らかの問題がある場合、肝臓に必要以上に鉄がたまってしまうという問題があります。鉄自体は赤血球のヘモグロビン生成をはじめ、体にとって欠かせないミネラルのひとつです。ところが体内に過剰な鉄が存在すると、活性酸素を生成してしまうという問題があります。この活性酸素によって体内の細胞が傷つけられ、病気や老化の原因となる可能性があります。このため、上述の肝機能障害がある場合、鉄の摂取量が制限されるのです。

しじみに含まれている鉄が問題となる

実はしじみそのものには、100グラム当たり5.3ミリグラムの鉄が含まれています。この量自体は決して多いものではありませんが、肝機能障害の人にとってはこれだけの量でも問題になってくるのです。鉄の摂取過剰によって活性酸素が生成され、肝細胞が傷つけられてしまうと、肝機能がさらに低下してしまうという問題点があります。オルニチンが含まれているにもかかわらず、すでに肝機能障害の場合にしじみの摂取量が制限されるのは、鉄が問題となるためです。

しじみの問題点をクリアする方法はあるの?

ただ、肝機能障害の人にとってオルニチンは重要です。このため、いかにして鉄の影響を排除するかが重要になってきます。

お茶と一緒に摂取する

まず考えられるのが、しじみをお茶と一緒に摂取する方法です。お茶に含まれているタンニンには、鉄をはじめとする金属イオンと結合しやすい性質があります。タンニンが鉄と結合することで、消化器から吸収されにくくなるのです。貧血の治療中のように、鉄が必要な人にとっては避けるべき摂取法なのですが、肝機能障害のように鉄の摂取が問題となるケースではおすすめです。逆に、鉄の吸収率をアップさせてくれるビタミンCについては、一緒に摂取しない方がいいでしょう。

オルニチン抽出サプリを摂取する

鉄の影響を抑えるもうひとつの方法は、しじみに含まれているオルニチンを抽出したサプリメントを摂取することです。これによって鉄の摂取量を抑えながらオルニチンを摂取し、鉄の問題点をクリアしながら肝機能をアップさせることが期待できるというわけです。ただ、いずれの方法を取るにしても、摂取しても問題ない鉄の量には個人差があります。C型肝炎などの患者がしじみを摂取する場合、まずかかりつけ医に相談すべきです。