しじみについて知りたい!

しじみの成長過程

しじみがどのような過程で成長しているのかについては、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。産卵から幼生を経て食べられるぐらいのサイズになるまでにどれだけの時間が必要なのか、どのような過程を経ているのかについて、説明していきましょう。

受精卵は水中で作られる

しじみは汽水域という、淡水と海水が混じり合った場所で生育しており、産卵もそこで行われています。時期は6月から9月にかけてで、雌の出水管からは卵が、雄の出水管からは精子が放出され、水中で受精する仕組みになっています。しじみの卵は直径0.1ミリと極めて小さいうえに、産卵数が数十万個と極めて多いため、産卵時にはまるで出水管から煙が噴き出しているかのように見えるのが特徴です。ちなみに成体の貝殻を開くと、雌は黒っぽく、雄は白っぽくなっています。これは、雌は卵の色、雄は精子の色が影響しているためです。

最初は貝殻が付いていない

受精卵はそのまま、水中を漂いながら細胞分裂し、成長していきます。水中を漂っているのは、成長時にある程度の塩分が必要になるためです。このふわふわと漂っている間に、かなり遠いところまで運ばれていくこともあります。このときにはまだ貝殻はできておらず、むき出しの状態です。貝殻ができるまでには、受精から1週間ほどが必要だとされています。

成体になるまでは2年程度が必要

貝殻ができると、湖や川の底に沈んでいき、そこで生活していくことになります。ただ、この時点ではほとんど砂粒と変わらないようなサイズで、とても食べられるようなものではありません。実際に捕って食べられるようになるまでには、ある程度の時間が必要となります。また、生育する場所によっても成長するスピードは変わってきます。日本有数の産地である島根県の宍道湖の場合、1年で5ミリ、2年で10ミリ、3年で15ミリ、4年で18ミリぐらいになるといわれています。食べられるサイズである17ミリ前後になるためには、個体差を考えても最低でも2年は必要だとしています。もっとも成長しやすいのは、水温が20~25度になる春と秋です。ちなみに、しじみの寿命は10年前後で、最終的には4~5センチになるといいますが、なかなかこういうサイズのものにはお目にかかれません。

まとめ-しじみが大きくなるには時間が必要

しじみは小さなサイズの貝ですが、大きくなるまでには意外に時間が必要なのです。受精を体外で行うため、成体になれる可能性は必ずしも高くありません。今食べているしじみは、予想以上に貴重なものなのですね。